驚かないで下さい。
じつは、その「タール色素」こそが、
子どもを粗暴にさせていた!

◆「社会の裏側!」125

~イギリスの「サウサンプトン大学」の研究では、合成着色料を摂取した子どもに
 多動性行動が見られたという報告があります。発達障害は、いまや国民的な
 課題ですが、日本ではなんともはや……~

 山田博士・著




      (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。








★概要


最近急増している「発達障害」については、以前にも、別の
「社会の裏側!」で述べました。

覚えていらっしゃいます?

そう、家庭に溢れている「ネオニコチノイド系農薬」関連商
品が原因だった……と述べました。

まあ、その詳しい内容については、その「社会の裏側!」第
119巻をぜひご覧になっていただくと嬉しいです。

でも、じつは、もう一つ、その原因になっている大事なもの
があるわけですね。

それこそが、今回、ここで述べている「タール色素」。

え?

まだ、この日本ではその色素が使われているの?
なんて、昔の事情をご存じのかたは思われるかもしれません。

はいな(笑)。

この日本では、なぜか、たっぷりと、さまざまなところでこ
の「タール色素」が使われております。

それは、食べものだけじゃなく、薬や、女性たちが毎日、「ご
丁寧に」使っている化粧品などに……。

             ★★★

この食にまつわる「色っぽい話」については、大きく2つの
大問題があるのかな、と思っています。

まあ、もちろん、まだまだほかにも出てくるのでしょうが、
とりあえず、いまはこの二つに絞って述べてみたいと思って
おります。

ぜひ、このあたりだけは、いつもふまえておいて下さい。

一つは、アレルギーへの心配。

現在、花粉症など、さまざまなアレルギーで苦しんでいるか
たが増えました。

そのかたは、とくに、今回の内容を留意してみて下さい。

二つは、これも近年、増え続けている「注意欠陥(欠如)多
動性障害(ちゅういけっかんたどうせいしょうがい)」との
関連なんですね。

これは、ADHD(attention deficit hyperactivity disorder)と
略して言われる症状なんですが、もはや子どもたちだけの問
題じゃない。

大人たちまでもがこの症状で苦しみ、周囲のかたも影響を受
けている事態が、各地でどんどん広がっています。

そして、それによる加害者も被害者も「双方が悲しむ事件」
が、頻繁に起こるようになりました。

             ★★★

だけど昔は、それらの色素を、比較的安全な鉱物や動植物か
ら採取していたんです。

そして繊維の素材には麻(あさ)や綿(めん、わた)、獣毛
(じゅうもう)などが使われていました。

それらには、ずっと明治初期ごろまで、さまざまな天然色素
を使って、絞(しぼ)り染めや無地染め、型防染(かたぼう
せん)、小紋(こもん)、友禅(ゆうぜん)などの技術が使
われていたのですね。

ところが19世紀に入ると、突然、この「色世界」も変化し
ます。

そう、天然色素に替わって「合成染料」が使われるようにな
ったのです。

とくに、イギリス人のウィリアム・ヘンリー・パーキンが、
わずか18歳のときに発見したと言われるアニリン染料やモ
ーブ染料の発明。

これらが、その後の世界の「色彩」を大きく変えることにな
ったわけですね。

             ★★★

もちろん、それらが衣服などに使われている間は、そう問題
にならなかったかもしれません。

まあ、もちろん肌に直接触れる場所では、弊害が出ますけれ
ど……。

でも、それを口に入れるとなると、ぼくはもう黙ってはおれ
ません。

そういう色素で塗られた食べものを、今日も、外食や中食な
どで体に入れているわけですね。

そして、過去、さまざまな理由のために、それらは一つずつ
製造および使用禁止にされてきました。

つまり、いま使われているのは、その生き残り……というわ
け(笑)。

             ★★★

ところで、こうした「発達障害」は、各学級に1人~4人の
割合で存在するとされています(2018年現在)。

しかし大人でも、なかなか調査は難しいところがありますが、
1.65%ほどだという発表値もあります。

でも、こうした数値が、どこまで信用できるか、ぼくは疑問
視しています。

実際は、とてもそれどころじゃないのではないか。

とくに「黄色4号」が大問題なのですが、それは、かき氷の
シロップ、アメ、漬け物(とくにタクアン)、それに和菓子、
焼き菓子、数(かず)の子入り惣菜、また、練りウニなどに
たっぷりと使用されていますから、外食や中食をいつも利用
されているかたは、もう逃げることができません(商品名を
本書で記載していますので、参考になさって下さい)。

ぜひ、本書をご覧になり、明日からの人生にお役立て下さい。

ささささ、それじゃ、どうぞ。



★目次


★(第1章)

企業たちはそれをいいことに、「国も国民も誰も心配してい
ないのだから、このままでいいわい。ヒヒヒ……」とばかり
に、この「危ない色」を使いまくっております。食にまつわ
る「色っぽい話」については、大きく2つの大問題があるの
かな、と思っています……

★(第2章)

日本は、大昔から衣服の染色技術も大変なものでした。とこ
ろが19世紀に入ると、「色世界」も変化します。アニリン
染料が広がり、アゾ系色素が体に入ると、じんま疹や、喘息、
鼻づまり、目の充血などが起こることになりました。そのた
め、禁止する国も出て……

★(第3章)

現在、この日本でも頻繁(ひんぱん)に、イジメや、その結
果による自殺、非行、傷害事件が起こっております。でも1
975年、アメリカでも同様のことが起こっていたのですが、
「ADHD」などを調査したら、それらのすべてに「タール
色素」が関連していた……

★(第4章)

「黄色4号」は、タクアンや和菓子、数(かず)の子入り惣
菜、練りウニなどに使用されていますし、「赤102号」は、
福神漬け、紅ショウガなど。また、薬のカプセルとして、
「プロピンゴールドカプセルA」(内外薬品)に、「黄色4号」
が使われていました……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


      (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。


世界で流通している緑茶(抹茶含む)の約8割が、ニセの中国産とはね!

◆「社会の裏側!」124

~「抹茶ブームなのはいいけど、美味しくない。香料でごまかしてるし……」という声。事実、日本の抹茶生産農家の数は、年々減っています。なぜ「ニセ茶」が蔓延したので
しょうか~

 山田博士・著


      (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。








★概要


ブームとは、一時的に、「誰か」が「何か」の目的で、陰で
操(あやつ)るもの。

そして、そのブームが過ぎ去ったあとには、ぺんぺん草しか
生えないものなんですね。

まったく、未来志向でも、発展的なものでもない。

だから、誰かが「抹茶ブーム」だとかナントカ言っても、た
かがそんなものなんですね。

誰かが儲かり、誰かが泣いて、いつか終焉(しゅうえん)す
る。

でも、この「日本茶」とは、そんな、ヤワな存在ではありま
せん。

そう、ぼくたち日本人の「生き様(ざま)」でもあり、「生
きる術(すべ)」でもあるものなんです(大げさではありま
せん)。

自販機で売られているような、まったく伝統もない、どこぞ
の国から来たかも分からないような「ナントカコーラ」と同
じにしてはいけません。

             ★★★

ところが、その抹茶(まっちゃ)、そして日本茶が、いま大
きな危機に陥(おちい)っています。

「抹茶」とは……いわゆる「緑茶」の一種なんですね。

碾茶(てんちゃ)という茶葉(ちゃば)を臼(うす)でひい
たもの。
そもそも、ペットボトル茶やニセ茶とは、原料から違います。

高価ですし……。

これは、一般の家庭で飲まれている煎茶(せんちゃ)などよ
り、甘味や旨(うま)みが色濃く出ていて、口の中でホンワ
リ……とします(何と表現したらいいのか。笑)。

だから、この「抹茶」は、苦(にが)みがかなり抑(おさ)
えられたお茶だと言っていいでしょうね。

でも、「抹茶」とよく似た「粉末緑茶」というものもあります。

これは、煎茶(せんちゃ)を粉にしたもので、「抹茶」とは、
そもそもの原料が違っております。

茶室で飲む「お茶」は、前者の「抹茶」のほう。

でも、ぼくは、「どちらも」好き(笑)。

             ★★★

ただ問題なのは、そうした「加工用抹茶」として作られた低
コストの「安いお茶」が、なんと、高級の「抹茶」に混ぜら
れて販売されているということ。

しかも、外国から、そのようなニセモノ茶が、どんどん日本
に入ってきている。

そして混入すれば、誰も分からない。

こうなれば、安く手に入れて高く売る業者だけが、儲かりま
す。

そして、その結果、どういう被害が日本中に巻き起こるのか
と言いますと……。

日本の文化が崩れることにつながるわけですね。
これは、先述したように、けっして大げさでも何でもなく、
このお茶が存在するから、ぼくたちは「本来の日本人として」
生きているわけなんです。

そのあたりを、本書で、ぜひ知ってほしい。

だから、ぼくは黙ってはおれないんです。

今回のこの本書を、日本および、日本人を考えるうえでも、
ぜひ注意深くお読みいただければ、ぼくも嬉しい。
未来の「平和や幸せ」を考えるうえに大きな示唆(しさ)が
あると思っています。

ささささ、それではどうぞ、頁をお繰(く)り下さい。



★目次


★(第1章)

そう、とくに「日本茶」とは、ただ「飲むだけ」の存在では
ないんですね。でも、先日、聞き捨てならない話が、ぼくの
耳に飛び込んできました。「ニセモノ抹茶」が国内に広がり、
そして外国からも、どんどんと日本に入って来ているという
のです。しかも、世界各国にも、中国産の「ニセモノ抹茶」
が流通していると……

★(第2章)

なぜ、「抹茶ブーム」だとか言うのに、京都・宇治市の「抹
茶」は蚊帳(かや)の外なのでしょう。茶道(さどう)のお
点前(てまえ)などに使う「本格的な高級抹茶」を栽培して
いる農家は、まったく関係がないわけです。つまり、いまの
ブームは、「加工用抹茶」のことなんですね。しかもその内
容とは……

★(第3章)

しかし、現実問題として、いま、世界に流通している緑茶
(抹茶含む)の78%が中国産なんですね。そして、わずか
1%が……日本産と言われているんです。こうなると、たと
え「日本茶」が外国で親しまれていると言っても、それが実
際、ホンモノの「日本茶」なのかどうか、非常に疑わしくな
りますよね……

★(第4章)

じつは、こうした日本文化を集約したものが、ほかでもない、
この「日本茶」なんです。日本人は、どんなことでも「道
(どう)」として極(きわ)めてしまいますが、お茶にも
「茶道(さどう)」がしっかり存在していました。唐突かも
しれませんが、これこそが、ぼくは宇宙の原理だと……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


      (1冊は、585円~695円です)             
         
         PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。


その「輸入家具」が、シックハウス症候群を広げていた。原因不明で体調を崩しているかた、どうぞご注意を!

◆「社会の裏側!」123

~家具から拡散される「ホルムアルデヒド」が、その症状を重くしています。家具には「法的規制がゼロ」なんです~

 山田博士・著



      (1冊は、585円~695円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。








★概要


ふだん、山田サンの言うとおり、食べものなどにはかなり気
を配っているはずなのに、どうも、私、体調が思わしくない
の、というかた。

ちょっと手を挙げて下さいな。

おや、かなりいらっしゃるようで……(笑)。

そのかたにお尋ねしますが、最近、何か「大きなもの」を購
入しませんでした?

いや、大きなものと言っても、象やゴリラなどの類(たぐい)
じゃありません(そんなもの購入などするか、という声)。

じつは、あなたのお部屋の中にデンと置いてあるものです。

             ★★★

いま、シックハウスなどという言葉が盛んに使われています
が、「まさか自分は……」と思っているかたがほとんど。

ところが、日本の家屋(かおく)については、「建築基準法」
という法律がありまして、まがりなりにも、一応の法的規制
があります(まあ、規則を守っていれば、の話ですが)。

ところが、誰も気が付かないのですが、自分の部屋に置く
「家具」については……まったく法的規制がないんですね。

そう、まったく規制がありません。
これには、驚きます。

とくに安価な「輸入家具」。

これには、問題が山ほど溢(あふ)れております。

             ★★★

日本には、中国から、かなりの「家具」が輸入されています
ので、それらの実態を知るには、現在の中国国内での事態を
見るのが一番でしょうね。

中国全体で見ますと、シックハウスに起因する死者は、中国
全土で年間11万人を超えていて、その数は、なんと、中国
の年間の交通事故死亡者数に匹敵する……とか(出所:福島
県上海事務所。中国室内装飾協会の発表による)。

なんとも凄(すさ)まじいものじゃありませんか。

このシックハウスとは、もう、皆さんも体験されたかもしれ
ませんが、住宅の新築やリフォームがきっかけで、目がチカ
チカするものです。

もちろん、そんなものだけじゃなく、めまいや頭痛などの体
調不良などの「深刻な健康障害」を引き起こすわけですね。

             ★★★

壁や天井、床などの建材、そして塗料や接着剤、それに家具
などから出るホルムアルデヒドなどの化学物質が原因とされ
ています。

ちなみに、このホルムアルデヒドとは、有機化合物の一種な
んですね。

毒性が強くて、これの水溶液は、あの「ホルマリン」。
この名前、学生時代の、あのカエルの解剖実験授業を思い出
せば、もうご存じのはずですよね(おっとと、横を向かないで
下さい)。

このホルムアルデヒドを飲み込んだ場合は、胃や消化器官の
粘膜(ねんまく)がただれたり傷ついたりします。
嘔吐(おうど)、出血、腹痛(ふくつう)などが起きたりす
るわけですね。

それに、神経障害が出ることもある。

めまいや無気力、体の自由がきかない、あるいは昏睡(こん
すい)状態になることさえあるんですね。

なかなか「手ごわいヤツ」です。

             ★★★

これらが、あなたの、その狭い部屋に、1年中置いてあると
すれば(すみません!)、どうなりますか。

東京都は、2009年度(平成21年度)までの10年間に、
家具の「匂い」に関する相談を、なんと270件も受けたと、
報告しております。

そこで、今回は、安全で安心な家具の選びかたを述べてみま
した。

ただの国産だけじゃダメです(笑)。

ささささ、どうぞ、本書の頁を、楽しみにをお繰(く)り下
さい。



★目次


★(第1章)

ところが、日本の家屋(かおく)については、「建築基準法」
という法律がありまして、まがりなりにも、一応の法的規制
があります。ところが、誰も気が付かないのですが、自分の
部屋に置く「家具」については、法的規制がないんですね……

★(第2章)

中国全体で見ますと、シックハウスに起因する死者は、中国
全土で年間11万人を超えていて、その数は、なんと、中国
の年間の交通事故死亡者数に匹敵すると言います……

★(第3章)

そのため、東京都は2009年度(平成21年度)までの1
0年間に,家具の「匂い」に関する相談を、なんと270件
も受けたと、報告しております……

★(第4章)

安全で安心な家具の選びかた。まず「国産家具認定マーク」
があるものを探し、必ず返品が可能かどうか、尋ねて下さい。
通販だけじゃなく、店頭で購入する場合も同じ。だって、メ
ーカーから直接送られてくる場合がありますから……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内



      (1冊は、585円~695円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。




歌にはドラマや希望があります。
なぜいま、吉田正なのか。明日が不透明な社会で、彼が遺した「寒い朝」、「明日は咲こう花咲こう」などの偉大な曲に思う!

◆「社会の裏側!」122

~シベリアに抑留された彼の絶望と、明日への希望。ぼくたちは、はたして
 「青い鳥」の住む世界に向かっているのでしょうか~

 山田博士・著


      (1冊は、585円~695円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。








★概要


今回の内容は、いままでと少し異なっています(笑)。

ぼくは歌を作るのが大好きで、過去、いろいろな駄作を作っ
てきました。

毎回、六本木で開かれていた、ある作詞を発表する場で、何
度か「金賞」をいただいたこともあります。
まあ、名前を呼ばれたそのときの、ぼくの満面の笑(え)み
を、どうぞ想像して下さい(笑)。

自分で作曲もして、自作の歌を、愛用のアコギ(アコーステ
ィックギター)で、ボロンボロンしていたこともあります。

とくに、ノンフィクションの内容が多いのですが、でも、完
全にフィクションの歌も多くあり、それらの中には作曲家の
人たちが曲を付けてくれたものも、あるんですね。

それらの歌詞は、ぼくのメインサイトで、どうぞご覧下さい。

             ★★★

まあ、今回は、そんなことはどうでもいいのです。

ただ、そうした歌を作っているときに、やはり先人たちの偉
大な歌が、すごく気になります。

そして、いろいろな内容の歌を発掘して、研究しました。

その中には、ぼくが高校生時代に、勉強もせず、よく聴いた
り歌ったりしていた歌がいくつかありました。

その一つが、吉田正さんの作曲されたものだったのです。

歌にはドラマがあり、そこから、ぼくたちは明日への「勇気
や知恵や希望」を得ることができます。

21世紀にもなるというのに、いまも世界各地で紛争が続出
し、多くの人の涙がこの大地にこぼれ落ちています。

そのようないまこそ、本当の歌が、必要なのじゃないか。

             ★★★

そう思いましたので、今回、吉田正さんの歌をダシにして、
ぼくの思いを少し述べてみたいと思いました(すみません、
吉田さん。笑)。

初めてのかたも、昔の歌の記憶が薄れてしまったかたも、ぜ
ひ、この機会に、思いを新たにして下さい。

そして、未来の子どもたちに、先人の体験を、伝えてあげて
下さい。

お願いします。

そうすることこそが、いまを生きるぼくたちの「小さな責務」
じゃないのかなと思っています。

ささささ、それでは、どうぞ、ご覧下さい。



★目次


★(第1章)

「異国の丘」……。今回のこの原稿では、この歌を歌いなが
ら異国で励ましあった当時の先人たちが夢見た祖国である日
本が、本当に、先人たちが待ちこがれていた国として、ぼく
たちの目の前にあるのかどうか。そのあたりを考えてみたい
なと思っています……

★(第2章)

これらの歌を知って、世界中の子どもたちみんなが笑顔にな
る日が来なければ、ぼくたち自身も、「本当の平和」の中に
いるのじゃないんだということ。それらの意味を、ぜひ知っ
てほしい……

★(第3章)

「寒い朝」の歌詞に見るこの凄さ。「北風吹きぬく 寒い朝
も  野越え山越え 来る来る春は いじけていないで 手
に手をとって 望みに胸を元気に 張って ああ……」ぼく
は、この時代を本当に懐かしく思っています。なぜだと思い
ます? それは……

★(第4章)

歌にはドラマがあります。そして、そのドラマに自分の人生
を重ね合わせて、各自、自分の今後の生きかたを考えるから、
何が起こっても闘い続けることができるのだろうなと、ぼく
は思っています。歌がなければ、人間なんていう存在は小さ
くてか弱い。モロに折れてしまいますからね……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


      (1冊は、585円~695円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。



太陽光不要の「LED・無農薬野菜」
に、未来はあるのか!

◆「社会の裏側!」121

~なんと、東京の地下を走る「東京メトロ」が、この「LED」野菜を作り始め
 ました。害虫も寄せ付けない野菜の安全性とは~

 山田博士・著



      (1冊は、585円~695円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。








★概要


地下鉄の「東京メトロ」では、ここで作られた野菜を「とう
きょうサラダ」と命名して、都内のホテルのレストランやカ
フェなどにも、実際に提供しているようですよ。

さてさて、そうした「LED」野菜。

はたして、太陽光がなくても、育つものなのでしょうか。

そして、その栄養価など、どうなのでしょうか。
安全性なども、心配です。

どうなっているのか。

ところで、こうした「水耕栽培」は、イコール有機栽培なん
だと、勝手に思っていらっしゃるかたが非常に多いように思
います。

あなたも、そうじゃありませんか(笑)。

でも、この「水耕栽培」については、有機肥料など使われて
おりません。

だって、土じゃなく、水で育てられているわけですから。

             ★★★

農林水産省の消費・安全局の、「有機農産物及び有機加工食
品のJAS規格のQ&A」によりますと……有機農産物の日
本農林規格は、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮さ
せることを生産の原則として定められている……とあります。

つまり、「水耕栽培及」などは規格に適合しないわけですね。

いわゆる、あの心地よい響きの(笑)……「オーガニック」な
どではないわけです。

それだけじゃなく、それらの水には、さまざまな薬品が溶か
してあります。
そのため、こういう野菜を、はたして「安全」だと言えるのか
どうか。

諸手(もろて)を挙(あ)げて、支持することができるのか
どうか。

過去、さまざまな企業がこの「野菜工場」から撤退していま
すが、この「東京メトロ」だけは、化学工業会社の「昭和電
工」に頼み、「LED」ライトを使った「SHIGYO(シギョ
ウ)法」という高速栽培法を活用したようです。

そして、照射する光を制御(せいぎょ)することによって、
電気代を節約しながら高速で野菜を栽培するという方法がで
きたというわけですね。

             ★★★

この方法であれば、今まで、たとえば「フリルレタス」を作
るのに42日間かかっていたものが32日間になって、電気
代が約半分に浮くそうですよ。

いやあ、良かったですね(笑)。

こうして、コストを下げることに成功したと。

さてさて、そうした「LED」野菜。

はたして、太陽光がなくても、育つものなのでしょうか。
そして、その栄養価など、どうなのでしょうか。
安全性なども、心配です。

どうなっているのか。

まあ、詳しくは本書をご覧いただくとして、植物の葉の光の
「吸収率」を見ますと、青色や赤色の光の吸収率がほぼ10
0%です。
しかし、緑色の光の吸収率は80%ほど。

これは葉の構造に理由があるのですが、まあ、いまはそれに
ついては横に置いておきましょう(笑)。

             ★★★

とにかく、「青色や赤色の光」の吸収率が高いことだけは、
覚えておいて下さい。

以上のことから、可視光でさえあれば、太陽光だけじゃなく、
「LED」であっても、この光合成は進むと言われているん
ですね。

そのため、皆さんのご想像とは裏腹ですが、たとえ太陽の光
がなくても、植物は育ちます(笑)。

困りましたねえ。

でも、その栄養素については、本書で述べているように、や
はり太陽光が一番。

本書では、そのあたりも述べています。

今後は、「LED」を利用した農産物を広めるより、国民み
んなが、プチ農民になれば、食糧不足など、すぐに解決しま
す。

そして、そのような考えをみんなが持つようになれば、日本
の農民たちを応援するような行動に向かいますしね。

日本の農業を生き返らせたい。

そして、このような「LED」を利用したものじゃなく、そ
れこそ太陽光をふんだんに利用させていただいて、自然の恵
みを、たっぷりいただこうじゃありませんか。

まままま、本書を、ぜひ楽しくご覧下さい。




★目次



★(第1章)

ところが、何を思ったのか、この地下鉄「東京メトロ」とい
う企業が、太陽光無しで野菜栽培を始めたのです。これが地
下から地上に出て、太陽光を浴びての野菜作りならいいので
すが、なんと「LED」を使った「野菜工場」だとは……

★(第2章)

この「東京メトロ」では、ここで作られた野菜を「とうきょ
うサラダ」と命名して、都内のホテルのレストランやカフェ
などにも、実際に提供しているようですよ。さてさて、そう
した「LED」野菜。はたして、太陽光がなくても、育つも
のなのでしょうか……

★(第3章)

以上のことから、可視光でさえあれば、太陽光だけじゃなく、
「LED」であっても、この光合成は進むと言われているん
ですね。そのため、皆さんのご想像とは裏腹ですが、たとえ
太陽の光がなくても、植物は育ちます(笑)。ただ……

★(第4章)

太陽光と「LED」で、ホウレンソウの生長などがどう変化
するのか、調べた結果があります。そう、太陽光には「スペ
クトル」で見ましたように、赤色だけじゃなく、青色も含ま
れていますからね。だから……

★(第5章)

こうした「水耕栽培」は、イコール有機栽培なんだと、勝手
に思っていらっしゃるかたが多いようです。でも、有機肥料
など使われておりません。だって、土じゃなく、薬剤を含ん
だ水で育てられているわけですから。農水省の報告によって
も、これらは有機栽培農産物じゃないわけです。でも、そん
なことより何より……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内



      (1冊は、585円~695円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。