ペットボトルを「ペット」にしては
いけない。新生児の男女比が驚くことに
なっている!

◆「社会の裏側!」2

~グリーンランドで、新生児の「男女比」が驚くべき数字になっていますが、
あなたが加害者でないと言えますか~

The social backside2

山田博士・著

==============================




            (1冊は、585円です)             
      
     ★PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/

       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。






      (下記は、山田本人からの、挨拶です)

            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。
                    お元気でしたか!

                今日もまたお逢いしましたね。
                        嬉しいです。

                地球という星を平和にしたい。
  そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。
    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。







★本書の概要

東京の荒川の河川敷のゴミを調査しているあるNPO法人によりま
すと、ゴミの中に、ペットボトルが2000年当時は5000個に
も満たなかったのに、2010にはなんと、25000個前後まで
増えております。

わずか10年で、「5倍増」。

これらは海に流れ、これらの破片化されたプラスチック類を、たく
さんの生きものたちがエサと間違えて食べてしまうんですね。

それらを、動物プランクトンが食べ、それを今度は小魚が食べ、そ
れを、食物連鎖の頂点にいるクジラやアザラシなどが食べ、そして
最後に、それらを食べる人間たちの体にそれら化学物質が溜まって
しまうという図式。

その結果、どうなっているかと言えば、たとえば、グリーンランド
の北西地区に住む人たちの間では、近年、新生児の「男女比が1対2」
となっているという報告もあります。もしそうだとすれば、「環ホル」
(環境ホルモン)の原因も十分、考えられますよね。

なぜなら、ある母親の体にある脂肪には、「環ホル」でもあり発ガ
ン性が指摘されている多くのポリ塩化ビフェニール(PCB)が蓄
積されていたということですから。

ぼくは、これらペットボトルの規制をどうするかじゃなく、こんな
ものを生産・販売すれば、企業が大損を被(こうむ)るような施策。
そういう方法こそが、いま、本当に必要なのじゃないかと思ってお
ります。

今後の「社会の裏側!」シリーズを、どうぞお楽しみに!


★【目次】


概要

目次

プロフィール

(はじめに)

(第1章)
魔法瓶ってご存じ? ぼくの子どものころは、出かけるときは、ま
ずヤカンでお湯を沸かして……

(第2章)
当初、ぼくは、なぜみんな街中で、点滴ビンを手に持って歩いてい
るんだろうと……

(第3章)
あなたは、糖尿病予備軍に甘んじているのか……

(第4章)
このペットボトル、じつは深刻な海洋汚染の原因になっていたこと
を知っているか。あなたは子孫たちを悲しませることを好むのか……

(第5章)
このペットボトルは、いったい流れ流れて、どうなるのか。その結
末をお教えしよう……

(第6章)
グリーンランドやカナダの先住民たちの体は、環境ホルモンのために、
もの凄い状態になっていた。これはじつはあなにも……

(第7章)
それに、これらプラスチックゴミたちは、海の中にあるPCBやD
DTなどの有害物質を吸着する性質があるのだ……

(最後にひとこと)


             (1冊は、585円です)             
      
     ★PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/

       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。