日本人は、昔から「エシカル・コンシューマー」だった。なのに、なぜいま、あえて
逆方向に向かうのだろう!

◆「社会の裏側!」105

~何も難しくはない。料理で社会を変えることもできるし、スーパーで動物虐待や
 環境を壊す企業の商品を買わないこともできる~

The social backside105

山田博士・著

          (1冊は、825円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。






★概要


ところで、この「エシカル・コンシューマー」とは、何ぞや……(笑)。

まあ、別に難しい意味ではありません。

外国のある首相が、この言葉を口に出したことから、「普通名詞」
になっただけのものなんです。

この「エシカル・コンシューマー」の「エシカル」とは……「倫理
にかなった」あるいは「道徳的な」という意味です。

おっととと……あなた、に、逃げないで下さい……(笑)。

倫理だなんて言っても、ふだんは、なかなか倫理的な行動なんてし
ていませんよね。

かく言うぼくなども、まさに、そう。

だって、赤信号でも、車も何も来なければ、平気で渡っていますし
……(皆さんは、こんなこと、絶対にマネしちゃダメですよ)。

              ★★★

まあ、とにかく、このエシカル消費とは、地球環境に配慮したり社
会貢献したりすることを考えた「倫理的な」消費活動のことを言う
わけなんです。

そうした消費者が、「エシカル・コンシューマー」。
お分かりですよね。

あなたも、この機会に、ぜひなってくださいな(笑)。

でも、この「エシカル・コンシューマー」になることなんて、いと
も簡単なんですね。

先日も、メルマガでお話しをしたのですが、公共トイレで用を足し
たあと、あの「ハンドドライヤー」なるものに両手を突っ込んで、
何も考えず、でガガガガ~ッ……をしていたのではダメ。

つい先日も、男性用トイレの洗面所での話ですが、若い父親に連れ
られた可愛い男の子が、背伸びをして、おっかなびっくりでこの
「ハンドドライヤー」の中に両手を差し入れていました。

そのそばで、父親はニコニコ。

これでは、「エシカル・コンシューマー」にはほど遠い(笑)。

              ★★★

これは、電気料金がどうのという問題ではないんです。

料金だけを見れば、この「ハンドドライヤー」なんか、1回使っても、
わずか0.086円です(消費電力が1150Wとして、乾燥時間
が14秒。東京電力管内での計算)。

でも、ぼくは、ただ濡れた手をぬぐうだけに、わざわざこうした電
気を使う暮らしかたに、我慢がならないのですね。

まあ、そんな「ぼくの気持ちの問題」などどうでもいいのですが、
こうした一つひとつについてその裏側をよく見つめることこそが、
ぼくたちの人生……なんて言うと、大げさですが……あるいはぼく
たちの社会に大きな影響を与えているんだということ。

それらについて、今回、ぜひお伝えしたいと思っております。

              ★★★

ちなみに、この「ハンドドライヤー」は、この中に細菌が増殖して
いて、それが周囲にまき散らかされている事実があります。

なんと、手を洗う前より2.5倍も菌が増加するという調査がある
ほどなんですが、「ジェットドライヤー」などだともっと凄い。

まあ、それらについては、すでに原稿は完成していますので、いつ
になるか分かりませんが、後日、ほかの電子書籍「社会の裏側!」
で、アマゾンから公開するつもりです。

もし、いますぐに関心のあるかたは、当事務局までお問い合わせ下
さい。
優先して公開するようにします。

さて、イギリスに、1989年に創刊された『Ethical Consumer
(エシカル・コンシューマー)』という雑誌があります。

そこでは、独自に「Ethiscore(エシスコアー)」と称して、「エシカ
ル度」を測定する基準を作っているんですね。

              ★★★

過去5万件にも及ぶ企業や商品やサービスなどが、検証されたと言
います。
その「エシスコアー」の内容について、本書では、取り上げていま
すので、ぜひご覧下さい。

まあ、これらは、あえていまぼくなどが言わなくても分かることば
かり。

過去、ぼくたちが叫んできたことが多いため、なんとなく、これら
は理解できますよね。

ただ、こういうことを、こうしてわざわざ挙げなくてはならないのが、
ちょっぴり悲しい。
世界がそうなっていることが悲しい。

だって、ぼくに言わせれば、こんなこと、いわば当然の当然の当然
のこと……ばかりですモン(笑)。

              ★★★

でも、それらをふまえたうえで、各企業たちのどういうところが
「エシカル」となるのか。
あるいは、そうでないのか。

じつは、世界中の企業の「エシカル度合い」を調べて発表している
NGO団体が、イギリスにあります。

その基準を見ますと、きわめて当たり前のことなんですが、これが
できていない企業のなんとも多いこと。

日本の国内企業の場合、もう、悲しいかなブラックばかりなんですね。

つい先日も、厚生労働省が、これらの一つについて発表していまし
た。

企業内での労働についてなんですが、2016年(平成28年)4
月から9月の半年間、長時間労働が疑われる約1万の事業所に、監
督指導を実施したと言います。

その結果、43.9%に当たる4416カ所で、労使協定を超えた
違法な長時間労働が確認されたと……。
半分近くがそうなんですね。

凄(すご)い状況です

              ★★★

そこで、こうした事実を知って、これらの企業の生産した商品を、
ただ買わないと宣言するだけで、あなたは、立派な「エシカル・コ
ンシューマー」になれるわけですね。

けっして難しくはありません。

企業たちは、いつも消費者の動きを注視しています。

一人ひとりは微弱ですが、2人、3人、100人、1000人が同
じような行動をすれば、企業は「仕方なく」……いい方向へ向くも
のなんですね。

それは過去の例を見ていても、よく分かります。

本書では、そのほかにも、あなたがいつも笑顔で着ているその服の
ことや、食べものがどう環境破壊をするのかなどについても述べて
おります。

いつも、トイレの洗面所で、あの「ハンドドライヤー」なるものの
中に両手を突っ込み、何も考えずにガガガガ~ッ……しているかた
は、ぜひご覧下さい(笑)。

お楽しみに……。




★目次


★(第1章)

今回、ぼくが、ここでお話ししようとしているのは、「あるがまま
の状態なのに地球に優しい消費者である「エシカル・コンシューマ
ー」について、です。もちろん誰でも可能なのですが、それには条
件があります……

★(第2章)

この「エシカル・コンシューマー」は、いままさに、その動きが加
速してきたように思います。きっと人類は、いまごろになって、お
のれのあまりにもの愚(おろ)かさに気がついたのかもしれません。
ところで、ある雑誌で、過去5万件にも及ぶ企業や商品やサービス
などが検証されました。そのスコアーはこれです……

★(第3章)

このような4点について、各企業の「エシカル度合い」を調べたわ
けですね。でも、日本では、つい先日も、厚労省が発表していまし
たように、そのうち116カ所では、残業がなんと、月200時間
を超える労働者がいたとか。もうそれだけでバツとなります……

★(第4章)

ただ、日本にも、すでにこうした「エシカル」をテーマにした服飾
ブランドなどは、実際にいくつか存在します。ところが、中国では、
「アンゴラウサギ」の毛皮を、生きながら剥(は)いでおります。
そして、そのようなアンゴラを、あなたは平気で購入している……

★(第5章)

フードマイレージ……という言葉がありますが、これは、食べもの
をぼくたちの食卓の上まで運んでくるエネルギーの指標のこと。食
糧の量が多く、運ぶ距離が長いほど、この数字は上昇します。とこ
ろが、これを計算してみますと、日本は、アメリカのそれのなんと
3倍にもなるわけですね。つまり……

★(第6章)

そのような荒れ果てた山が、全国で増えているわけですね。そうし
た放置林が、元の原生林になるためには、なんと数百年もかかると
言われています。いったい、ぼくたちはどうしたらいいのか。その
一つの対策として、「FSCマーク」というものが……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


          (1冊は、825円です)             
         
      PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。