自殺者多発の東尋坊で、
数年間に500人を救った「ちょっと
待ておじさん」から学ぶ、
日本人に大切なこととは!

■「社会の裏側!」73

~「おやじ、おふくろ、本当にゴメン」と書かれた便せん。でも誰も死にたくは
 ない。その全員が、「一声かけてくれる」のを持っていると言います~

The social backside73

山田博士・著






(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。





   (下記は、山田本人からの、挨拶です)


       やあ、こんにちは。
       山田博士(ひろし)です。
                     お元気でしたか!

                今日もまたお逢いしましたね。
                          嬉しいです。
 
                  地球という星を平和にしたい。
  そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
               ぼくはいつもそれを望んでいます。

    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
           文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                      ぜひ知ってほしい……。



★概要

皆さん、東尋坊(とうじんぼう)って、ご存じ?

東尋坊とは、日本海の荒波によって海岸の岩肌が削られ、高さ約2
5メートルにもわたる岩壁が続くという、世にも珍しい場所なんで
すね(福井県坂井市)。

この岩は「輝石安山岩(きせきあんざんがん)」と呼ばれるもので
すが、これほどの規模を持つ場所は世界に3カ所ほどしかないとさ
れているほど。

そのため、国の天然記念物及び名勝に指定されています。

でも、世界にも例の少ないそんな名勝地だからこその、大きな悩み
が、地元の人たちにはあるようなんです。

それは……。

そう、それはなんと、「全国から自殺志願者が集まってくる」とい
うこと。

少し以前のことになりますが、ある30代の男性は、クリスマスイ
ブの12月24日、この東尋坊に、千葉県から鈍行電車を乗り継い
でやって来ました。

彼は、その2週間ほど前に、勤務先から突然「派遣切り」を告げら
れたと言うんですね。

まあ、詳しいことは、本書で述べておきましたので、ご覧になって
いただければと思うのですが、こんな若いかたが、絶望するような
社会って、いったい何のでしょうか。

ぼくたちは、あの大戦で、廃墟となった国土を汗水流して再興して
きました。
その結果、はたしてみんなの顔に笑顔が映っているのでしょうか。

この東尋坊で、そのような自殺志願者500名ものいのちを救った
一人の男性がいると聞き、ぼくはいてもたってもいられなくなりま
した。

彼のことを、「ちょっと待ておじさん」と、呼ぶんだそうですよ。

本書では、彼の話やいまの日本の置かれた状況などを述べておりま
す。そして、今後、ぼくたちはどうすればいいのか。

日本の未来を少しでも明るくするために、ぜひご覧いただければと
思います。

あ、ちなみに、ぼくも彼と同郷の福井県人です(笑)。
ぜんぜん、関係ないですよね。

ささささ、どうぞ。



★目次


★(第1章)

全国から、東尋坊に自殺志願者が集まってくるのですが、少し以前
のこと。ある30代の男性は、クリスマスイブの12月24日、こ
の東尋坊に、千葉県から鈍行電車を乗り継いでやって来ました。彼
は勤め先で「派遣切り」にあい……

★(第2章)

「カミハテ商店」という映画の監督と、茂さんとの対談。そこで、
彼の思いが赤裸々に語られております。彼は言います。「あるとき
など、東尋坊の崖の近くの暗闇で、初老の男女が二人座って泣いて
いるんです。私がそばに行き、大丈夫だ、私にまかせなさい」と。
しかし彼らを行政に任せたら悲しいことが……

★(第3章)

資本主義の社会では、企業や組織は、そこで働く個々人のことな
ど、考えちゃいません。ただ、自分の組織が存在すればいい。個々
人など、「替わり」はいっぱいいるのですから。だから、自分で動
き、周囲の人全体で大きな組織に立ち向かう。そうしなければ……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内



(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。