「ペットボトル茶」を、
本当のお茶だと信じて飲んでいる
悲しい日本人!

◆「社会の裏側!」62

~どの商品にも「合成ビタミンC」が添加されている理由と、
 中国輸入の汚染茶の茎(くき)から作られる「トンデモ茶」の実態~
を食べているとは~

The social backside62

山田博士・著



★電子版→ https://goo.gl/JhfgAI


(1冊は、585円前後です)

          なお、パソコンでも、同じ価格で「電子版」を読む
            ことが可能になりました。購入後、「Kindle For PC」
          をダウンロードし、アマゾンで使用しているメルアド
          とパスを入力すれば、「ライブラリー」に購入した本が
          入っています。そうすればパソコンでもご覧になれます。
                  
        (合計で3点以上ご希望の場合は、下記の事務局まで直接
         ご連絡下さい。安価に「PDF版」でお送りいたします。
         金額は、自動返信でお知らせしますが、1冊の場合は
         千円ですが、3冊以上で電子本より安価になり、10冊
         以上になりますと、1冊が400円になります)
              ★PDF版(お申し込みフォーム)
             → https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/






やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





★概要

「ペットボトル茶」なんていうものが、この日本で、市販されるよ
うになりましたなあ。

「へへへ……、私って健康っぽいでしょ。ほら、お茶。コーラなんて、
あんなダサイものなんて飲まないわよ。だって、私、美人にならな
くっちゃあ。ふふふ……健康美人になるわよ……」

若い女性など、いかにもそのような顔をして、わざと見えるように
この「ペットボトル茶」を振り回し……あ、いや抱えていらっしゃる。

健康美人ねえ。
はい、ご愁傷様(笑)。

確かに、この「ペットボトル茶」の原料表示。
いかにも健康っぽいですよね。
ちょっと商品名入りで、見てみましょうか。
たとえば……、

「生茶 2L」(キリンビバレッジ):緑茶(国産)、生茶葉抽出物
(国産)、ビタミンC、香料
「ヘルシア緑茶」(花王):茶抽出物(茶カテキン)、発芽玄米、大麦、
麦芽エキス、とうもろこし、はと麦、大豆、ルイボス、環状オリゴ糖、
ビタミンC、香料
「おーいお茶 280ml」(伊藤園):緑茶(日本)、ビタミンC……。

これらのいったい、どこが問題なのか。

本作品では、掘り下げてみました。
ぜひ、「楽しく」ご覧ください。

これらの表示を見て、皆さんがコロリと行くのは、ぼくにも分かり
ます(笑)。

だけど、本文でも詳しく述べますが、この「ペットボトル茶」は、
実際に急須で入れたお茶(茶葉10gに430ミリリットルのお湯)
に比べて、どの条件下でも●●が少ないことも分かっております。

でも、そんなことより何より、安全性や環境、それに食文化などを
考えると、みんながみんな、あんなものを口を尖らせて飲んでいる
光景は、ぼくは見たくない。

子孫には絶対に遺(のこ)したくはない。
……と、いつも思っております。

ぼくは、「おーい、お茶ぐらい、自分で淹(い)れて、ホンモノの
味を味わおうよお」……なんて思っておりますが、いまや、お茶も
水も、ご飯さえ、みんなみんな、他人(企業)の作ったものを買う
ような事態になりました。

いったい、そんなに急いで、日本人はどこへ行くのです?
お茶を自分で淹れる時間さえ取れず、お金を出して買うような「貧
しい心」になった日本人。

ぼくは、そのような食文化に成り下がってしまったいまの日本人こそ、
本当に哀(あわ)れに思います。

「おーい、お茶ぐらい、自分で淹(い)れて、ホンモノのお茶を味
わおうよお」……と、再び大声で叫びたいものです。

まあ、そういうことも念頭に置いて、本作品を、どうぞじっくりご
覧ください。
ホンモノのお茶でも……飲みながら……。




★目次

★(第1章)

ぼくなど、市販の飲料水が世に出てきたとき、まさか「お茶と水だけ」
は、自販機などで販売されることはないだろうねと、思っておりま
した。そんなものが販売されても、この日本の社会では誰も買うは
ずはないだろうし、ハハハ……と、ね……

★(第2章)

「ペットボトル茶」の原料表示には、いかにも健康っぽいことが書
いてありますよね。だけどそれらは消費者の健康のことを思って添
加されているのでしょうか。とんでもない。じつのところは……
★(第3章)

「ペットボトル茶」の原料は、じつは中国から輸入される、お茶の
茎(くき)が化けているものもあります。もしそうだとすると、農
薬やさまざまな有害物質の心配もありますよね。そうそう、それと、
「ペットボトル茶」と本来のお茶との旨み比較。それをこの際、実
名で少しご紹介しておきます。なるほど……と思われますよ……

★(第4章)

環境のことも考えてください。たとえば、川から海に流れ出して行く、
こうした「ペットボトル」などのプラスチック破片には、ぼくたち
人類が過去「発明して生産してきた多くの有害化学物質」が吸収さ
れています。その影響は凄まじいものがあります。たった1本ぐら
いでは済まされないんですね……


★電子版→ https://goo.gl/JhfgAI


(1冊は、585円前後です)

          なお、パソコンでも、同じ価格で「電子版」を読む
            ことが可能になりました。購入後、「Kindle For PC」
          をダウンロードし、アマゾンで使用しているメルアド
          とパスを入力すれば、「ライブラリー」に購入した本が
          入っています。そうすればパソコンでもご覧になれます。
                  
        (合計で3点以上ご希望の場合は、下記の事務局まで直接
         ご連絡下さい。安価に「PDF版」でお送りいたします。
         金額は、自動返信でお知らせしますが、1冊の場合は
         千円ですが、3冊以上で電子本より安価になり、10冊
         以上になりますと、1冊が400円になります)
              ★PDF版(お申し込みフォーム)
             → https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/