甘味料「Splenda」でダイエット中のかた、
ご愁傷さまです!

■「社会の裏側!」51

   ~実際には、砂糖同様のカロリーのある物質が99%も含まれていた。
    それに甘味料「スクラロース」にも大疑惑が存在していた~

ニッポン人の心と体を救う山田流「時事呆談」
The social backside51

山田博士・著

==============================

あなたのお友だちや知人に、ぜひ、下記の「いいね!」で、今回の内容を広げてください。




          (1冊は、レートによって若干異なりますが、585円)

        (もし、電子書籍を入手できない環境であれば、下記までご連絡
        下さい。PDF版で直接、お送りします。その場合の価格は、
        1冊が1000円。巻数が多くなるほど安くなります。
         何巻と何巻がご必要か、巻名をお教え下さい。送金口座情報を、
        自動返信でお知らせします)
              ★PDF版(お申し込みフォーム)
                → http://ws.formzu.net/fgen/S49531837/








      (下記は、山田本人からの、挨拶です)

            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。
                    お元気でしたか!

                今日もまたお逢いしましたね。
                        嬉しいです。

                地球という星を平和にしたい。
  そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。
    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。




★概要

先日、神戸にある「UCC上島(うえしま)珈琲」本社から、ぼく
に1通の手紙が届きました。

以前、あることについて同社の「社長あて」に尋ねたことへの返事
なんです。

……というところから、本書はスタートしています(笑)。

じつは、この企業が経営するカフェに置かれた、ある人工甘味料の
袋に、その具体的な名前がどこにも記載されていないため、ぼくは
「優しい言葉で」問い合わせたわけなんですね。

結論的には、この甘味料は「スクラロース」でしたが、少しでも消
費者にはこれらの名前は知らせたくない……という気持ちが溢れて
おりました。

なぜなら、この「スクラロース」は、本書で述べていますように、
いままでの人工甘味料とはいろいろな意味で少し異なっています。
きっと、今後、さまざまな場面で使われることでしょう。

あの問題のある「異性化糖」と併せて使われることもあるでしょう
しね。

アメリカのコカ・コーラ社は、ダイエット・コークに「スクラロー
ス」という甘味料を2005年2月から使用し始めました。だけど、
これ、1分子中に塩素が3個も含まれるという何となく、ぼくにと
っては嫌な予感のする分子構造の甘味料なんですね(笑)。

しかも、140度Cほどで長時間処理すると、塩素系ガスが発生す
るという報告もあります。そのためもあり、日本の国会で、この
「スクラロース」が追及されたこともありました。

だけど依然、さまざまな場所でこれが使用されております。

たとえば、よく外食店などに置かれている「Splenda」には、
「スクラロース」が使われておりますが、ただ、これにはわずか1
%しか使われていない。

残りの99%は、マルトデキシトリンという物質なんですが、これ
がどういうものかと言えば、さらにまた……(笑)。

まままま、ダイエット中のかたもそうでないかたも、本書をご覧く
ださい。
そして、それじゃどうしたらいいのかを、ごいっしょに考えましょ
うよ。




★目次


★(第1章)

先日、神戸にある「UCC上島(うえしま)珈琲」本社から、ぼく
に1通の手紙が届いた……

★(第2章)

その店に置かれていた甘味料の中味は、「スクラロース」だった。
そして、袋に原材料名が書かれていなかった理由とは……

★(第3章)

この「スクラロース」を138度C以上で加熱すると、なんと塩素
系ガスが出ることが分かっている。国会でも追及された内容とは……

★(第4章)

これの含まれている商品名を実名で挙げてみよう。日本国内でも、
いまや飲料、デザート、ドレッシングなど100品目以上の食品に
使われていた……

★(第5章)

このノーカロリーは、じつは「ウソだった」……。それなのに、ダ
イエットを希望するかたはわざわざこの「スクラロース」を……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内

(最後にひとこと)



           (1冊は、レートによって若干異なりますが、585円)

        (もし、電子書籍を入手できない環境であれば、下記までご連絡
        下さい。PDF版で直接、お送りします。その場合の価格は、
        1冊が1000円。巻数が多くなるほど安くなります。
         何巻と何巻がご必要か、巻名をお教え下さい。送金口座情報を、
        自動返信でお知らせします)
              ★PDF版(お申し込みフォーム)
                → http://ws.formzu.net/fgen/S49531837/



あなたのお友だちや知人に、ぜひ、下記の「いいね!」で、今回の内容を広げてください。