なぜ、小児甲状腺ガンが、福島「県外」の
人に深刻なのだろう!

◆「社会の裏側!」106

~それでも、国や県は、いまだに原発事件との因果関係を認めず、いやそれどころか
 「検査の縮小」まで考えているんですね。いったい~

The social backside106

山田博士・著



          (1冊は、585円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。






★概要


あのフクシマは、まだ「終了」してはおりません。

地元の人たちは、早く忘れたい。
そう思っていらっしゃるはずです。

多くの日本人たちも、きっと、そうでしょう。

だけど、大地震だけならともかく、あの「歴史的な原発大事件」が
起こり、しかもその担当企業の東電も政府も、ずっとその詳しい内
容を隠蔽(いんぺい)してきました。

現在も、まだまだ明らかになっていないことは多いと思います。

その中の大切な一つに、今回、本書で取り上げたような、小児甲状
腺ガンが、福島「県外」の人に、なぜ深刻なのだろう……というこ
とがあります。

              ★★★

ちょっと考えれば、不思議ですよね。

地元の人たちより、県外の人のほうに深刻な影響があるなんて。

ある団体が、2016年12月に、療養費の給付を、初めて開始し
ているんですね(本書に詳しく載せています)。

そこでは、すでに手術を終えていたり、手術が決定している患者に
ついて、分析してみたといいます。

その結果、福島県内の患者は8割が「半摘(はんてき)」でしたが、
「福島県外」の人を見ますと、ガンが進行してから見つかる患者さ
んが多いようなんですね。

そのため、8割が全摘(ぜんてき)でした。

              ★★★

つまり、全摘出(ぜんてきしゅつ)。

進行していたわけですね。
これは、組織あるいは器官全体を摘出するということなんです。

そのほか、リンパ節(せつ)転移についても、「福島県外」では、
90%近くに転移があったと言います。

うち3人が、RI治療の必要のある重症患者でしたが、このRI療
法とは、肺転移している場合の治療法なんですね。

具体的には、高濃度の「放射性ヨウ素」を内服します。

そして、遠隔転移している甲状腺ガンを内部被曝(ひばく)させて
破壊しようというもの。

そのため、医療従事者や家族などへの被曝(ひばく)を防ぐために、
厳格な遮蔽(しゃへい)設備が必要となるんですね。

そのためもあり、日本では現在、この治療を受けられるベッドが全
国に135床(しょう)しかありません。

それほど、珍しいものだったわけです。

              ★★★

いずれにしても、今後、この子たちは、いったい、これからどう生
き抜けばいいのか。

でも問題は、こうした事実が歴然と存在しているにもかかわらず、
現在もなお、国も県も、こうした甲状腺ガンの多発とフクシマの原
発事件との因果関係を「認めておりません」。

これはいったいどういうことなのでしょうか。

いったい、国や県は、何を恐れているのか。
そして、何を企(たくら)んでいるのか。

また、日本での原発作業員たちは、たとえ病気になっても「自己責
任だ」という内容の誓約書を、入社時にしっかりと書かされている
わけですね。

しかも、勤めている会社がそもそも労災保険に加入していなかった
りなどの理由で、労災を申請できないと思い込んでいる人さえ多く
いるようです。

これじゃ、労災どころの騒ぎじゃありません。

              ★★★

こうした事態にある日本は、それじゃいまからどういう方向へ向か
えばいいのか。

ぜひ、皆さんとごいっしょに考えましょうよ。

この内容が、その一助になれば幸いです。

ささささ、どうぞご覧下さい。



★目次


★(第1章)

人間が、自然を支配できる。人間が、原発を支配できる。そう奢
(おご)ってきた人間が、いままでこの日本にあまりにも多かった
のでしょうね。そのため、いまなお、このフクシマの後始末さえで
きていない……

★(第2章)

小児甲状腺ガンが増えているのですが、福島県内の患者は8割が
「半摘(はんてき)」でした。でも、福島「県外」の人を見ますと、
ガンが進行してから見つかる患者さんが多いようなんですね。その
ため、8割が全摘(ぜんてき)だったのです……

★(第3章)

日本での原発作業員たちは、たとえ病気になっても「自己責任だ」
という内容の誓約書を、入社時にしっかりと書かされているわけで
すね。しかも、勤めている会社がそもそも労災保険に加入していな
かったりして……

★(第4章)

ご存じかもしれませんが、フクシマ原発事件の後の2012年10
月から、福島県は、18歳以下の福島県民の医療費を無料化にして
います。でも、その対象は、あくまで「18歳まで」。しかも、福
島県外に住民票を移動させれば、その時点で医療費の無料化対象は、
外れてしまうわけですね。こりゃ、ナンジャラホイ……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


          (1冊は、585円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。