「ファクトリー・ファーミング(工場式
畜産)」が、抗生物質の効かない体を
作っていた!

◆「社会の裏側!」102

~家畜用の抗生物質による「スーパーバグ」の死者が、2025年までに
 100万人にもなるという試算と、ファストフード大手3社からの返事には
 驚きました~

The social backside102

山田博士・著





(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。




やあ、こんにちは。

山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。

嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、

文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。






★概要


中国の上海(しゃんはい)で、就学中の子どもを対象にした興味深
い調査がありました(出所:ロイター、2016年 2月 25日 Thursday
  01:31)。

子どもたちの体を調べたら、被験者の8割から、少なくとも1種類
の「抗生物質」が検出されていたと言うわけです。
8割です。

また、およそ3分の1の子どもからは、複数検出されていました。

ご存じのように、「抗生物質」の過剰な摂取は、やがて薬が効かな
い耐性菌の出現を招く可能性がありますよね。

そうなったときが一番、怖い。

こうした「抗生物質耐性菌」には、国境がありません。

中国だから日本には関係がない……とは、行かないんですね。

それぞれの地域で、どれだけ対処をしても、ほかの地域で「抗生物質」
を濫用していたのでは、何の意味がありますか。

              ★★★

こうした「抗生物質」の使い過ぎのために、薬に耐性をもつ細菌が
現れるわけですが、こうした細菌は「スーパーバグ」と呼ばれます。

これらの細菌に効果がある薬は、いまのところほとんどないんですね。

WHO(世界保健機関)は、2050年までに、この「スーパーバグ」
による死者が、なんと年間100万人にも及ぶと、警告しております。

100万人です……。

とくに、いま問題なのは、「家畜に使われる抗生物質」なんです。
これらは、肉類を食べた人たちの体にモロに入り込みます。

そして、驚くべき悪さをするわけですね。

じつは、ヨーロッパではいま、この「抗生物質」の濫用(乱用。ら
んよう)に歯止めがかからない事態になっております。

もちろん、日本だって同様でしょう。
とくに現在、肉食に走る若者たちの体は、まさに欧米と同じ事態に
なっている可能性があります。

              ★★★

国際消費者機構(CI)が、ファストフード大手3社に抗生物質問
題への対応を求めたことがありました。

CIは、その結果をそのあとに発表しておりますが、その3社が提
示した取り組みが「はなはだ不十分だ」と非難しております。
よほどの内容だったのでしょう。

まあ、詳しくは、本書をぜひご覧下さい。

その「ファストフード大手3社」とは、マクドナルド、サブウェイ、
ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)でした。

これらの3社に対し、抗生物質を使用した食肉を取り扱わないよう
警告していたのですが、なんともお粗末な返事だったわけです。

そのような外食が街に氾濫し、日本人が、今後次々と倒れて行く光
景を想像するのは辛(つら)いものがあります。

再度言いますが、こうした「抗生物質耐性菌」には、国境がありま
せん。

ぼくたちがいま、何をすべきなのか。

              ★★★

日本各地で広がっている「鳥インフルエンザ」のような疫病(えき
びょう)も、この「ファクトリー・ファーミング」から広がってい
ることも懸念(けねん)されています。

そしてアメリカでは、製造される「抗生物質」の8割が家畜に使わ
れておりますが、まさに人類の危機に立っているぼくたちの今後の
行動が問われているわけですね。

自分は肉食はあまりしないから……という人も、じつは、こうした
影響が自分に及んでいる現実を、ぜひ本書でお知り下さい。

たとえば、焼き肉やステーキには欠かせない牛肉。

ぼくたちが牛肉を1kg食べるごとに、車で100km走るのと同
じ量の温室効果ガスが排出されると言います。

こうなると、全地球人が考える必要がありますよね。

なるほど……!
と、思われること必至です(笑)。

ささささ、それではどうぞ、頁をお繰(く)り下さい。



★目次

★(第1章)

WHO(世界保健機関)は、2050年までに、この「スーパーバ
グ」による死者が、なんと年間100万人にも及ぶと、警告してお
ります。100万人です……。こうした「抗生物質」の使い過ぎの
ために、薬に耐性をもつ細菌が現れるわけですね……

★(第2章)

国際消費者機構(CI)が、ファストフード大手3社に抗生物質問
題への対応を求めたことがありました。それへの返事には驚きまし
た。ちなみにその3社とは、マクドナルド、サブウェイ、ケンタッ
キー・フライド・チキン(KFC)のこと。そう、「抗生物質耐性
菌」には、国境がないんです……

★(第3章)

現在、日本各地で広がっている「鳥インフルエンザ」のような疫病
(えきびょう)が、この「ファクトリー・ファーミング」から広が
っていることも懸念(けねん)されています。アメリカでは、製造
される「抗生物質」の8割が家畜に使われておりますが……

★(第4章)

アメリカの多国籍企業たちは、「自由貿易交渉」を通じてメキシコ
の農民を破産させ、その農民たちは生きるために、そして家族を養
うために、危険な労働でも職を求めるわけです。そして、この劣悪
な「ファクトリー・ファーミング」へ……

★(第5章)

国際連合食糧農業機関(FAO)によりますと、家畜産業が排出す
る温室効果ガスは、世界の全排出量の、なんと18%にも上るのだ
と言うんですね。こうした環境の中で生きるぼくたちは、いったい、
何が出来るのか……

★(第6章)

「抗生物質」の使用についてのアメリカでの調査では、サブウェイ、
ウェンディーズ、バーガーキング、デニーズ、ドミノ、スターバッ
クス、ピザハット、KFC、デイリークイーンなどは、いずれも不
合格の「F」評価だったと言います……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内



(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。