いまや「105歳人」が日本に700名も。これら長寿者に共通する「老荘や道教思想」とは何なのか。あなたにもぜひ真似してほしい!

■「社会の裏側!」80

~ある男性の言葉。「いまとなるともう競争相手がいないので、いつも私は
 優勝ばかりですわ!ハハハ……」~

The social backside80

山田博士・著



(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。






やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





★概要

いま、この日本に、ちょうど105歳のかたが何名いらっしゃると
思います?

ちょっと考えてみて下さいな。

じつは、現在、なんと686名もいらっしゃいます。

うち男性が87名、女性が599名(あまりこうした「年齢別」の
統計がないため、この数字は、厚労省で発表した2005年当時の
ものですが、その後は、もっと増えていると思います)。

いやあ、凄(すご)いものです。
もう、感激ですね!
この狭い日本列島に、700名ほどの105歳がいらっしゃる!

あなたは、この一人になれますか(笑)。

京都市に住むある105歳の男性は、ただ長寿ということだけじゃ
なく、なんと、マスターズ陸上100メートル(100~104歳)
の世界記録保持者で最高齢なんですね。

もちろん、ギネス世界記録にも認定。

その彼が、今度は、「105歳」になって、自分のその記録に再度
挑戦したと言います。
いったい、105歳で、その起爆力は、どこにあるのでしょうか。

再度言います。
あなたは、この一人になれますか(笑)。

105歳ですよ。
あなた、いまの年齢で100メートルを走り抜けること、できます
か(笑)。
きっと、途中で……息切れするのじゃ……ありませんか。

彼は、「健康長寿の秘訣」については、「体と心、経済の三つの健康」
を挙げていらっしゃる。

う~むむむ。
なるほどなあ。

やはり偉大なかたは、洋の東西を問わず、同様なことをおっしゃい
ますなあ。
喜劇王だと言われたあのチャップリン。

彼も、映画「ライムライト」(1952年/米)の中のセリフで、「人
生には、勇気と想像力、それとほんの少しのお金があればいい……」
と言っていますよね。

もちろん、ふだんの食べものがニセモノでは意味もありませんし、
他人を憎んでばかりいてもダメでしょうし、無駄なお金を使ってい
れば家計的にも大変なことになります。

それは分かるのですが、それらを踏まえたうえで、どのような考え
が基礎にある必要があるのか。

それらについて、ぼくなりに考えていることがありますので、それ
を少し、ここでご披露したいなと思うのですが……。

まず、アメリカで「面白い調査」がありましたので、先に、それを
一つお伝えしておきましょう。

いずれにしても、ぼくたちの根底にある無意識の「老荘思想」や「道
教思想」が、こうした長寿に影響を与えていたわけですね。
ぼくたち後輩も、こうした先輩たちの尊(とうと)い背中を見つめ
ながら歩くしかありません。

ふふふ、ぜひ、本書を参考になさって下さい。



★目次

★(第1章)

ぼくの母は93歳なのですが、妻の母はもっと上で、なんと100歳。
妻は末っ子なので、妻と母とは、年齢がかなり離れておりますが、
とにかく若い。しかも目も耳も体も……

★(第2章)

宮崎さんはここで、「最近はさすがに足が弱りましたが、競争相手
がいないので、いつも優勝です」と、近況を報告されました。まあ
冗談がうまい。そして、「健康長寿の秘訣」については、「体と心、
経済の三つの健康」を挙げていらっしゃるんですね。つまり……

★(第3章)

100歳以上のかたが、この日本に何名いらっしゃるのか。この統
計を見ますと、100歳から急激に人口が減少しているのが分かり
ます。でも、105歳のかたは、この日本になんと、700名も!

★(第4章)

まあ、それはともかく、今後の長寿、そして人間としての生きかた
を考えるうえで、ぼくは、10世紀ごろの中国の「宋の時代」に大
きなヒントがあるような気がしています。なぜなら……


★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内

(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。