抗生物質が効かない!

■「社会の裏側!」75

~マクドナルド、ケンタッキー、サブウエイで販売する肉類の抗生物質を
減らさせるキャンペーンが米国で始まった。でも日本では…~

The social backside75

山田博士・著




★電子版→ https://goo.gl/frkNUm
(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。





   (下記は、山田本人からの、挨拶です)


       やあ、こんにちは。
       山田博士(ひろし)です。
                     お元気でしたか!

                今日もまたお逢いしましたね。
                          嬉しいです。
 
                  地球という星を平和にしたい。
  そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
               ぼくはいつもそれを望んでいます。

    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
           文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                      ぜひ知ってほしい……。



★概要

いま、アメリカ産の肉に、抗生物質入りのものが急増しているので
すが、そんな事実、あなた、ご存じでした?

まあ、もちろん、アメリカだけじゃなく、世界中で問題になってい
るのですが、ただ一つの国、日本では、なんとも呑気(のんき)な
のか、誰かの仕業(しわざ)なのか、大きな問題になっておりませ
んが……(笑)。

だから、日本では、外食企業たちも、日本で販売するメニュには、
平気で抗生物質を使ったりしています。

たとえ企業たちが自主規制をしています、などと言っても、どこま
で真実かは、誰も分かりません。

まあ、「私は肉など食べないから、あまり関係がないわ……」とい
うかたもいらっしゃるでしょうが、それは、良かったですね……と
は、とても言えません(笑)。

なぜなら……。

あなたの子どもさんやお孫さん、それに親戚や友人、知人たちが、
この抗生物質のために病気の治療もできずに突然倒れたりすれば、
それはそのまま、あなたの今後の人生に大きな影響を及ぼします。

違いますか。
自分だけ助かってもダメなんですね。
周囲の全員が健康で丈夫でなければ、人生をうまく歩くことができ
ません。

この「抗生物質大事件」は、ぜひご自分の「重大な問題」として把
握(はあく)して下さい。

最近は、とくに中国人たちが肉食をするようになり、世界の食肉需
要が急増しました。

それを受けて、豚肉、牛肉、鶏肉に含まれる抗菌薬(抗生物質)の
使用量も、大幅に増えているんですね。

肉の中でも、とくに豚肉を好む中国人が「裕福になる」にともなっ
て、ベーコンなどの需要も伸び、世界の養豚家は、肉1ポンド(約
453グラム)当たりで、牛よりも4倍も多い抗生物質を使用して
いると言います。

4倍ですよ!

鶏肉も2番めですから、豚肉とほとんど差がないんですね。

それほど、これらの肉類には、抗生物質の多用が進んでおります。

なぜ、こうした抗生物質を使うのか。
「抗生物質を使用する目的」は、大きく分けると2つになるでしょ
うね。

1つは、家畜の自然な成長など考えずに早く太らせ、儲けを大きく
したい。
もう1つは、過密状態で、しかも不衛生な条件下で飼育しても、病
気の広がりを防ぎたい(笑)。

そんな「無茶な目的」のために、抗生物質が効かなくなった……。

1941年に「ペニシリン」が実用化された数年後には、すでにペ
ニシリン耐性菌が出現しています。

つまり、抗生物質が効かない……。

しかも、その対策のために開発された「メチシリン」にもメチシリ
ン耐性黄色ブドウ球菌(いわゆるMRSA)が出て、大問題になり
ました。

このような結果、とくに1960 年代以後、耐性菌は医療上の深
刻な問題として大きく取り上げられるようになったわけですね。

そのため、いま医療の現場では、こうした抗生物質を「安易に」使
うことができなくなりました。

それなのに、あろうことか、ふだん食べる「食べもの」に、こうし
た抗生物質が大量に含まれている時代になったわけです。

さあ、今後の人間たちの未来は、はたして……。

ささささ、本文をどうぞ、ご覧下さい。



★目次

★(第1章)

ほとんどの風邪は、ウイルスが原因です。だけど、風邪にはこの抗
生物質は効かないんですね。効きません。それなのに、多くの患者
たちは、風邪になれば医療者たちに抗生物質を希望する。だけどそ
れを服用すればするほど……(笑)

★(第2章)

この1年間で、世界の農場主が家畜を育てるために使用した抗生物
質は、なんと6万3000トンを超えています。そして研究者たち
の予測によりますと、今後2030年までに10万5000トン以
上にもなると……

★(第3章)

つまり、「アメリカ」のマクドナルドは、2015年の3月4日、
人間の感染症の治療に使われる抗生物質を餌(えさ)として与えた
鶏肉の使用を、アメリカ国内店舗では「今後2年をかけてやめてい
く」と発表したんですね。えっと……2年をかけて……です(笑)……

★(第4章)

結核の特効薬と呼ばれる抗生物質「ストレプトマイシン」が開発さ
れたことによりますが、それ以後、今まで不治の病とされていた結
核は、それほど怖い病気ではなくなりました。そして、今日では感
染症で死亡する人はかなり少なくなったわけですが、しかし……

★(第5章)

日本の外食企業たちの姿勢は、どうなのだろう。ケンタッキーフラ
イドチキン、マクドナルド、ロッテリア、モスバーガー、SUBWAY
たち。そして、じつは、野菜への汚染へと……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内



★電子版→ https://goo.gl/frkNUm
(1冊は、585円です)
                 
        PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割
                         引にしています。どうぞご連絡下さい。