「モンサント社」という企業を、
少し考えてみようと
思います!

◆「社会の裏側!」66

~ヒロシマ原爆の開発に取り組み、731部隊にも関連し、いまは「遺組み」によって世界の農民を苦しめているこの企業の源とは~

The social backside66

全36頁

山田博士・著





(1冊は、585円前後です)

         ■なお、パソコンでも、同じ価格で「電子版」を読む
            ことが可能になりました。購入後、「Kindle For PC」
          をダウンロードし、アマゾンで使用しているメルアド
          とパスを入力すれば、「ライブラリー」に購入した本が
          入っています。そうすればパソコンでもご覧になれます。
                  
        (合計で3点以上ご希望の場合は、下記の事務局まで直接
         ご連絡下さい。安価に「PDF版」でお送りいたします。
         金額は、自動返信でお知らせしますが、1冊の場合は
         千円ですが、3冊以上で電子本より安価になり、10冊
         以上になりますと、1冊が400円になります)
              ★PDF版(お申し込みフォーム)
             → https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





★概要

どんな企業も、どんな国も、その過去の歴史を見れば、だいたいそ
の正体が分かるモンです。
これは個人でも同じ。

この「モンサント社」という企業は、いったい、どういう過去を持
っているのか。

第二次世界大戦中、日本の広島に投下する原爆の開発をしていたの
が、アメリカの「マンハッタン計画」でした。
ところが、この「モンサント社」の社長であったトーマスという人
が、大きな顔をして、これに参加しているんですね。

つまり、あの広島の原爆製造に、この「モンサント社」が深く関わ
っていたというわけなんです。なんとかして、日本人を破滅させた
いという気持ちが、そのころからあったようです。

それがいま、欧米諸国とは異なり、とくに日本の大地の隅々にまで
「遺組み」(遺伝子組み換え)作物を広めた理由です。
なんとも、すさまじい。

そして、あの大問題になったPCB(ポリ塩化ビフェニル)。

このPCBには、置換(ちかん)塩素の位置によって合計209種
もの異性体(いせいたい)が存在するのですが、その一つに、「ダ
イオキシン類」になるものがありました。
「とんでもない働きをする」化学物質が、このPCBです。

PCBは、「環ホル」(上述)の一つでもあり、電気のトランスなど
に広く使われ、世界中にこのPCBがバラまかれました。

このPCBを製造していたのが、じつはこの「モンサント社」でした。
いやあ、よくやってくれますよね(皮肉です)。

そして、再び先の「大戦中」の話に戻ります。

当時、日本軍は、中国の黒竜江省のハルビンに、「生物化学兵器(B
C兵器)研究所」なるものを作っています。
ここで、石井四郎や内藤良一たちを中心とした、「陸軍731部隊」
が、中国人3000名に対して、コレラ菌などを強制的に注射した
りして、残酷な人体実験を行ったわけですね。

このような非人道的な行為は、完全に、日本の歴史上恥ずべき汚点
です。
いかに、欧米列強に抗した戦争だといえども、こんな人体実験は、
とても許されるはずもありません。

ただ当時、日本軍に「バイオテクノロジー」の知識があるばずもなく、
その人体実験の担当は、日本国内から派遣された化学者がしていま
した。

その化学者の大部分が、じつは日本の代表的薬品メーカー「武田薬
品工業」の研究者だったんです。
つまり、その731部隊というのは、武田の「満州支社」……のよ
うな存在だったわけなんですね。

戦後、そうして得た貴重な人体実験の資料は、アメリカ軍を通じて、
「武田薬品工業」の事業提供企業である「モンサント社」へ渡され
たと言います。

その資料が、回り回って、今度は、のちに、ベトナム戦争で使われ
た枯葉剤(かれはざい)に応用されているわけですね。

まあ、そのような過去を持っている企業が、いま「環ホル」や「遺
組み」(遺伝子組み換え)分野に躍起になる。

なるほどねえ……という気がしませんか(笑)。

本書では、分かりやすくサッと読める文体で、こうした問題をまと
めてあります。
ぜひ、ご活用下さればと、思います。



★目次

★(第1章)

「モンサント社」の内実を知るだけで、皆さんの「世界を見る目」
が180度大きく変化します。そして、今後、皆さんが生きて行く
うえで、今回の内容は大きな財産になるはず……

★(第2章)

「モンサント社」の過去の歴史とは、いったい、どういうものだっ
のでしょうか。第二次世界大戦中、日本の広島に投下する原爆の開
発をしていたのが、アメリカの「マンハッタン計画」でした。とこ
ろが、この「モンサント社」の社長であったトーマスという人が、
これに参加しているんですね。つまり……

★(第3章)

「モンサント社」の株主を知っていますか。個人大株主の一人であ
るビル・ゲイツ氏などが何かと矢面(やおもて)に立っています
が、実際、この企業の株主は誰なのでしょうか。「法人株主トップ
5社」とは……

★(第4章)

「モンサント社」の問題は、もっと深く考えるべきなんです。つまり、
西洋諸国の非白人地域の植民地分割の歴史。これを思うと、本当に
涙が止まりません。人が人を支配する。当然のように、収奪する。
このような、「人として許されない歴史」が、いままでずっと続い
てきたわけですね。白人たちは、さも当然のように……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内





(1冊は、585円前後です)

         ■なお、パソコンでも、同じ価格で「電子版」を読む
            ことが可能になりました。購入後、「Kindle For PC」
          をダウンロードし、アマゾンで使用しているメルアド
          とパスを入力すれば、「ライブラリー」に購入した本が
          入っています。そうすればパソコンでもご覧になれます。
                  
        (合計で3点以上ご希望の場合は、下記の事務局まで直接
         ご連絡下さい。安価に「PDF版」でお送りいたします。
         金額は、自動返信でお知らせしますが、1冊の場合は
         千円ですが、3冊以上で電子本より安価になり、10冊
         以上になりますと、1冊が400円になります)
              ★PDF版(お申し込みフォーム)
             → https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/