蚊帳(かや)に練り込まれた「毒物」って
ご存じでした?

◆「社会の裏側!」6

~WHOや住友化学たちがしていることとは~

The social backside6

山田博士・著




        (1冊は、585円です)             
      
     ★PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/

       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。



やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
 
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





★本書の概要

ところで皆さんは、まだあんな「前時代的なエアコン」などに頼っ
ていらっしゃるわけ?(笑)。

もしそうなら、即、蚊帳(かや)をお薦(すす)めしますよ。なに
しろ、電力は食わない、音はしない、体と頭に非常に快適。そして、
朝の目覚めが爽(さわ)やかです、本当にもう、言うこと、何もあ
りません。

しかも先祖さんたちと、まるでいっしょにいるような夢さえ見るこ
とができます。きっと、先祖さんたちも、この蚊帳が懐かしいので
しょうね。

それに、蚊帳の中にいる家族とは、なんとなく親しみが湧きます。
いまのように、孤立電話や孤立車や孤立部屋などが進み、みんなが
孤立しているような時代ではなおさら。

……ところが何を間違えたのか。この蚊帳に「毒物を練り込ませた」
ものを、あろうことか、日本の企業がアフリカなどで配布している
事実が分かりました。そう、マラリア対策として、ね。もちろん、
日本政府からカネをもらい、それを、さも人道的な顔をして配布し
ている……。

あとで述べますが、日本国内ではこのような蚊帳は販売されていな
いようですが、じつはこれと同じような毒物を皆さんが家庭で使っ
ています。それらについても、お話ししようと思いますので、ぜひ
注意深く、今回の文章をご覧下さい。

……その蚊帳を製造している日本の企業の名前とは、住友化学。
……商品名「オリセット・ネット」というこの蚊帳は、ペルメトリ
ンという「ピレスロイド系」の殺虫剤を、重量で2%ほど練りこん
だポリエチレン繊維で編んであるわけなんですね。

このペルメトリンなどは、二重結合の炭素に塩素がくっついたとい
う「世にも怖ろしい」(笑)……構造をしています。
水生生物にも毒性が非常に強い成分なんですね。

事実、EU(欧州連合)では、この成分は農薬登録から抹消されて
いるほどのものなんです(2000年)。……最近は、有機リン系
農薬に替わって、この「ピレスロイド系」の薬剤が増えています。
厚労省のシックハウス問題(室内の汚染問題)に関する検討会でも、
この問題が挙げられているほど。

本書では、ぼくたちの身の回りで使われている商品名も少しお教え
しましょう。

今後の「社会の裏側!」シリーズを、お楽しみに!


★【目次】


概要

目次

プロフィール

(はじめに)

(第1章)
蚊帳(かや)に潜(もぐ)ると、まるで異次元の世界へ突然滑(すべ)
り込んだような気分になりますよね。ところが……

(第2章)蚊帳に「毒物を練り込ませた」ものを、あろうことか、
日本の企業がアフリカなどで配布している現実を知ってほしい……

(第3章)この「オリセット・ネット」という蚊帳は、ペルメトリン
という「ピレスロイド系」の殺虫剤を、重量で2%ほど練りこみ……

(第4章)
この「オリセット・ネット」については、3つの疑惑(問題)があ
るのですが、それは……

(第5章)
じつは日本でも、蚊帳ではありませんが、ほかの商品にこれらの
「ピレスロイド系」が使われている事実が分かりました……

(第6章)
商品名でお教えしましょう。たとえば「虫こないアース」の有効成
分は「シフルトリン(ピレスロイド系)」なんですね。そのほかの
商品名は……

(最後にひとこと)


         (1冊は、585円です)             
      
     ★PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/

       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。どうぞご連絡下さい。