「夢のリニア新幹線計画」が、
日本人を壊す4大理由!

◆「社会の裏側!」31

~なぜJRは、とくに「電磁波」が車内で乗客たちに与える深刻な
 影響を語らないのだろう~

The social backside31

山田博士・著

==============================


      http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00T07FN2E?*Version*=1&*entrie

          (1冊は、レートによって異なりますが、585円前後です)

 (もし、電子書籍を入手できない環境であれば、下記までご連絡
        下さい。PDF版で直接、お送りします。その場合の価格は、
        1冊が1000円ですが、巻の数が多くなるほど安くなります。
         何巻と何巻がご必要か、巻名をお教え下さい。送金口座情報を、
        自動返信でお知らせします)
              ★PDF版申し込みフォーム
                → http://ws.formzu.net/fgen/S49531837/








      (下記は、山田本人からの、挨拶です)

            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。
                    お元気でしたか!

                今日もまたお逢いしましたね。
                        嬉しいです。
                 
                地球という星を平和にしたい。
  そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。
    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。





★本書の概要

ご存じの「リニア新幹線計画」が、いま、大きな転換期に来ており
ます。夢の新幹線と喧伝(けんでん)されていますが……。

いったい、この「リニア新幹線計画」とは、過去の技術進歩のように、
電車の速度が、単なる「何km程度速くなるだけ」……という問題
なのかどうか。

2027年に、東京と名古屋の間を先行開業させ、東京の品川と名
古屋の間を、最速で40分で結ぶのだとか。40分!いやあ、凄い
ですね。でも、この「リニア新幹線計画」は、いったい何が問題な
のか。

いくつかあるとは思いますが、ぼくは、とりあえず下記の4つが大
きな争点になるべきかなと思っております。これらを抜きにして、
推進はあり得ない。

一つ、生きものを殺し地下水を涸れさせる凄まじい……環境破壊。
二つ、原発を推進する強い理由ともなる膨大な……電力の消費量。
三つ、子々孫々まで人体を壊す未知の……電磁波による健康破壊。
四つ、国民の肩に今後ずっと負うべき天文学的数字の……負債額。

すでに現在、山梨実験線の工事では、上野原市や笛吹市などのトン
ネル工事で、水漏れが発生しております。沢水や井戸水が消えてし
まっているわけですね。これ、まだ実験段階で、ですぞ。

そして、車窓を楽しむなんてことはもちろん不可能。トンネルと、
地上はフードで覆われているわけですからね。なぜそんなフードで
覆われているかと言えば、騒音対策と、あとで述べます電磁波を周
囲に出さないためなんですね。

つまり、乗客の体への電磁波は……。
車内の電磁石には直流の電流が流されていますから、車内の乗客が
超伝導電磁石から被曝(ひばく)する電磁波は、静磁界(せいじかい)
となります。

だけど、最近になって、たとえ10mT以下でも細胞に変化を与えて
いるという論文が幾つも発表されていますので、JR東海はもちろ
んそれらの事実は知っているとは思うのですが、いまのところ、彼
らはそれを「知らんぷり」しているようですね(笑)。

そして、この「リニア新幹線計画」だけは突進している。いやあ、
お見事です(何が?)。
いままでに発刊したほかの「社会の裏側!」シリーズも、どうぞお
楽しみ下さい。楽しい文体が人気のようですよ。お楽しみに!

★【目次】


(第1章)
この「リニア新幹線計画」は、過去の技術進歩のように、ただ単に
電車の速度が「何km程度速くなるだけ」……という問題なのかど
うか。じつは、原発と、今回のこの「リニア新幹線計画」とは大い
に関係がありました……

(第2章)
いったい何が問題なのか。いくつかあるとは思いますが、ぼくは、
とりあえず下記の「4つ」が大きな争点になるべきかなと思ってお
ります。これらを抜きにして、推進はあり得ない。一つは……

(第3章)
と言うのは、すでに現在、山梨実験線の工事では、上野原市や笛吹
市などのトンネル工事で、水漏れが発生しているんですね。沢水や
井戸水が消えてしまっているわけです!そう、実験段階で、ですぞ
……

(第4章)
なぜ、JR東海の社長が、「札(ふだ)付きの原発推進者」なのか、
考えたこと、ありますか(笑)。たとえば「リニア新幹線」が東京~
大阪間を1時間あたり5本走るとして、なんと74万KWもの電
力が必要なんですね。これは原発1基と同じ電力量です。つまり…

(第5章)
この「リニア新幹線」は、JR職員専用の乗り物じゃないですよね。
もし公共の乗り物だとするなら、電磁波のこの問題をぜひ詰めてほ
しい。だって、乗客には老人、胎児、赤ちゃんなどの「弱者」も大
勢いるわけですから。問題点を具体的に言いますと……

(第6章)
日本の人口は、今後、どんどんと減少します。なのに、これほどの
巨額を国から借金していいものかどうか。これ、最後は「誰」がそ
の支払いをするのですか。当のJR社長自身が、この「リニアだけ
ではペイしない」と言っているというのに……

   http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00T07FN2E?*Version*=1&*entrie

          (1冊は、レートによって異なりますが、585円前後です)

       (もし、電子書籍を入手できない環境であれば、下記までご連絡
        下さい。PDF版で直接、お送りします。その場合の価格は、
        1冊が1000円ですが、巻の数が多くなるほど安くなります。
         何巻と何巻がご必要か、巻名をお教え下さい。送金口座情報を、
        自動返信でお知らせします)
              ★PDF版申し込みフォーム
                → http://ws.formzu.net/fgen/S49531837/