高血圧症患者が、「人為的に量産」されている!

■社会の裏側! 20

~国民の「4000万人」が高血圧だなんて、こんな滑稽なことはない。
 厚労省が1社を刑事告発したことで明らかになった癒着とは~

ニッポン人の心と体を救う山田流「時事呆談」
The social backside20

山田博士・著

==============================


          (1冊は、585円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。







      (下記は、山田本人からの、挨拶です)

            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。
                    お元気でしたか!

                今日もまたお逢いしましたね。
                        嬉しいです。

                地球という星を平和にしたい。
  そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。
    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。






★本書の概要

最初に述べておきます。無理に見つけ出した病気を無理に「治療する」
必要はありません。

そうすることによって、寿命が逆に「縮む」こともありますからね。

じつは、誰でも当たり前のようにして受診している、こうした職場
健診や人間ドックの存在自体が、製薬・医療関係者の存続基盤でも
あります。そういう事実をまずお知り下さい。

こんな中、2014年の1月9日。厚労省が、ある製薬メーカーを
刑事告発しました。スイス製薬大手の日本法人「ノバルティスファ
ーマ社」が高血圧症治療薬を巡る臨床研究データを操作し、不正な
データを使った研究論文を宣伝に利用した疑いがあるということだ
ったんですね。

厚労省は同社を「薬事法違反」(誇大広告)の疑いで東京地検に告
発状を提出したんです。この「ノバルティスファーマ社」は、高血
圧治療薬「ディオバン」(一般名「バルサルタン」)の論文不正問題
で告発されたわけなんですが、この企業は、5つの大学が行った研
究に、同社の社員をなんと「統計分析」に関わらせたり、その研究
論文の一部を執筆させたりしていた……と言いますから、なんとも
はやです。

ところで「高血圧」とは何のことなんです?

じつは、高血圧患者が人為的に「作られている」事実も、この際ぜ
ひお知り下さい。つまり2000年に、「日本高血圧学会」なる組
織が、この高血圧患者であるという数値を、「140/90」以上
であること……としたわけなんですね。

こうすると、高血圧患者は一気に「増加」します(詳しくは本書を)。
そしてその数字を決めるとき、その構成人物の多くが製薬企業との
つながりがあったことも分かっているんですね。

たとえば、そのメンバー12名のうち11人が、商業的医学雑誌の
高血圧の薬を製造している「製薬企業提供頁」に登場していたと(笑)。

戦後70年近く経ったいま、日本国内でも欧米のような大規模の「く
じ引き試験」を行う必要があるのかもしれませんね。ほかの薬を考
えるときも、本書は役立つかもしれません。まあ、詳しくは本書で
述べました。

いままでに発刊した「社会の裏側!」シリーズ、どうぞご覧下さい。
楽しい文体が人気のようですよ!お楽しみに!


★【目次】


プロフィール

(はじめに)


(第1章)
無理に見つけ出した病気を無理に「治療する」ことによって、寿命
が縮むこともあります。それでもあなたは、その「降圧剤」とやら
を一生のみ続けます?……


(第2章)
いやあ、こうした虚偽や誇大広告のみでの刑事告発は例がないと言
いますが、凄いことをする企業が実際に存在するモンですね。厚労
省が、ある製薬メーカーを刑事告発しました……


(第3章)
そもそも「高血圧である」なんて、誰がどうして決めるのです?数
字をちょっと替えるだけで、現在の高血圧患者の数は、なんと「4
000万人」近くにもなり、その結果、誰が儲かるのか……


(第4章)
たとえば、そのメンバー12名のうち11人が、商業的医学雑誌の
高血圧の薬を製造している「製薬企業提供頁」に登場していた…
…(笑)

(最後にひとこと)


          (1冊は、585円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。