偽装食品がなぜ広がるのか!阪急阪神ホテルズの
ニセ食材事件なんて、氷山の一角に過ぎない

■社会の裏側! 16

あなたが外食に溺れている限り、今後も被害者になるだろう。
それを防ぐ方法とは……

ニッポン人の心と体を救う山田流「時事呆談」
The social backside16

山田博士・著

==============================


          (1冊は、585円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。






      (下記は、山田本人からの、挨拶です)

            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。
                    お元気でしたか!

                今日もまたお逢いしましたね。
                        嬉しいです。

                地球という星を平和にしたい。
  そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。
    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。






★本書の概要

あなたが外食店の経営者になったと考えて下さい。

経費を浮かして利潤を上げるためには、食材か人件費を減らすしか
ありません。そうしなければ、店を1日も持続させることができな
いわけです。食材を減らすには、内容が悪くて安いものを仕入れる
しかない。しかし、客にそんなことが分かれば大変です。

そこで偽装……となるわけですね。いわば、いまの時代では、これ
「自然の動き」なんです。2013年10月、阪急阪神ホテルズが
運営する8つのホテルで、ニセ食材が使われていることが発覚しま
した。

たとえば、高級品の代名詞のような「キャビア」は、トビウオの卵
でしたし、鮮魚のムニエルが「冷凍保存魚」のムニエルでしたし、
九条ネギが普通の青ネギだった……という塩梅で(笑)。

そして対象の料理は、なんと47種。発表によれば、それらを、な
んと7万8千人の人がすでに食べてしまったと……。これらはただ
の氷山の一角でしょう。ほかにも山ほどあるはず。

たとえば、2011年に宮崎県のシーガイアで、ホルスタインを宮
崎産和牛として偽った事件もありました。これらはたまたま内部告
発があったから分かっただけで、実際にはもう目も当てられないは
ずです。いつから日本には商人道がなくなったのでしょう。これで
は「近隣の国」の実情と同じじゃないですか(笑)。

いまのように「ブラック企業」が増えれば、それだけ内部告発(い
や辞めた人の場合だと外部告発かな)が増えるでしょうから、これ
からもどんどん明るみに出てくることでしょうね。もし出掛けると
きは、自分でおむすび(おにぎり)を作って持って行って下さい。
ぼくは、いつも、「栄養満点のおむすび」をカバンに入れております。

しかしそのためには、それらを作って下さる日本の農業をみんなで
応援しなくてはならない。いくら白い手の都市住民たちが有機国産
農産物をと空を仰(あお)いで叫んでも、肝腎の農民が一人もいな
ければ、万事休すです。

偽装食品を「見破る方法」……ふふふ、そのあたりを考えれば、簡
単だと思いませんか。

今後の「社会の裏側!」シリーズを、どうぞお楽しみに!


★【目次】


プロフィール

(はじめに)

(第1章)
「レッドキャビア」と「トビウオ」の卵……うん、非常に似ている。
しかし後者の価格はわずか12分の1。外食企業がこれに飛びつく
のは当然だ。でも……

(第2章)
第一ホテル東京シーフオート、吉祥寺第一ホテル、宝塚ホテル、ホ
テル阪神……。これらの店で、メニュ表示と異なる食材を使ってい
たのがだ、当初、それらは「誤表示」だと開き直っていた……

(第3章)
しかし、これらの事件は、あなたが「外食を頻繁に利用している」
ことから起こったのではないのか。みずからのいのちを他者に依存
しているあなた自身が引き起こしたのではなかったか……

(第4章)
偽装食品を「見破る方法」をお教えしたい。……え?聞こえない?
ふふふ、そんな方法があるはずはない。だけど……

(第5章)
外食店のメニュとは、「企業側にとって都合のいいもの」になって
いる。客の健康など、1ミリも考えていないことを、まず知ること
だ。そして、あなたが生きるためにしなければならないこととは……

(最後にひとこと)

          (1冊は、585円です)             
         
     PDF版→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/
 
       ご希望のかたへは、電子書籍じゃなく「PDF版」でお送り
       してもかまいません。上記のフォームからご連絡下さい。
       価格は同じとしました。
       ただ、当方の人手の問題のため、なるべくなら、「電子書
       籍」をご利用下さるとうれしい(笑)。
       「PDF版」の場合、もし、ついでに「ほかの巻」もいっ
       しょに読みたいということであれば、数次第では、大幅割引
       にしています。
       どうぞご連絡下さい。